Keiji Ito + Masaya Nakahara exhibition ‘ROMANCE ~LOVE COMPOST DUB~’

話題の作家二人による異色のコラボレーションが実現!伊藤桂司と中原昌也の初の二人展を開催。

伊藤桂司+中原昌也 二人展
「ROMANCE
~LOVE COMPOST DUB~」

2019年5月18日(土)~6月9日(日)

木金 16:00~21:00/土日 12:00~19:00
月~水 休み (最終日18時終了)
▶︎ オープニングレセプション:2019年5月18日(土) 18:00~20:00
▶︎ ライブペインティング:2019年5月25日(土) 14:00〜

 

WISH LESS galleryでは、アートディレクター兼イラストレーターとして、広告や音楽関連など多岐にわたる分野で活躍する伊藤桂司と、ノイズミュージック界のカリスマ、Hair Stylistics(暴力温泉芸者)の中原昌也による初の二人展を開催いたします。「コンポスト=廃棄物の再利用」をテーマに、古雑誌の断片や陳腐なポップスターの肖像写真などを再構築した、共同制作によるコラージュ&ペインティング作品を展示いたします。さらに、本展のために中原が楽曲を作り、音源を収録した限定の7インチレコードも特別販売いたします。

 

伊藤桂司と中原昌也の接点を知る者はそれほど多くないだろう。しかし実のところ共通点は多く、両氏とも絵画と音楽にシームレスな活動を続けてきている。いきなり手前味噌で恐縮だが去年 komagome1-14cas にて「絵画と音楽 -Tableau and Music-」と言う展示のキュレーションをしたわけだがその1人に中原昌也を招聘した。この展示を観に来てくれた伊藤桂司を「駒込と田端は近いらしい」と言う理由でなんとなく中原と共に連れだってウィッシュレスギャラリーへ訪問、ロブとヨウコに中原を紹介した結果がこの二人展に結実した。たまたまはたまたまなのだが奇妙な必然を感じる。もともと中原と伊藤はおそらく西麻布スーパーデラックスなど音楽の現場で出会っていたのだろう。その2人展なのだから極めて音楽的な展示になるのではないだろうか?勝手にこの展示を「絵画と音楽」のスピンオフだと思っている。 とは言え実際に2人を引き合わせのは他でもなくこのスペースであるウィッシュレスだ。 そんな偶然か必然かの出会いを実現させた空間で、伊藤の音楽に対する熱意と中原の美術に対する熱意がスパークするはずだ。 
[マジック・コバヤシ]

 

 

PROFILE
伊藤桂司/Keiji Ito
1958年、東京生まれ。主に、広告、雑誌、音楽関係などの分野でグラフィック・ワーク、アートディレクション、映像を手掛ける。
2001年度東京ADC賞受賞。ロッテルダム映画祭、「Active Wire」(ソウル:Haja Center)、「CLOSE UP of JAPAN展」(ブラジル:サンパウロ美術館)、「Buzz Club-News from Japan」(ニューヨーク:P.S.1 / MoMA)、「KITTY EX.展」(森美術館)、「AFTER311(hiromiyoshii roppongi)、MBE(原宿Batsu Art Gallery、福岡Konya Galleryを巡回)、「Art Stage Singapore 2014」(G/P galleryより出品)をはじめ国内外のグループショウに多数参加。hpgrp GALLERY TOKYO等での個展開催。
音楽関係では、テイ・トウワ、木村カエラ、スチャダラパー、GRAPEVINE、THE BAWDIES、PES from RIP SLYME、高野寛、ohana、オレンジペコー、ボニー・ピンクをはじめ、愛知万博EXPO2005世界公式ポスター、コカコーラ・コーポレイトカレンダー、NHKの番組タイトル&セットデザイン、イギリスのクラヴェンデール・キャンペーンヴィジュアル、SoftBank キャンペーン、KEIJI ITO × graniph Collaboration、富士フイルム”instax”プロモーション映像制作など活動は多岐に渡る。
作品集は『MOTORWAY』『FUTURE DAYS』(共に青心社)、『LA SUPER GRANDE』(ERECT LAB.)、『FROM MY NOTEBOOK』『ENDLESS SUMMER』(共にUFB)他多数。京都造形芸術大学客員教授。UFG代表。
アーティストウェブサイト:site-ufg.com

 

中原昌也/Masaya Nakahara
1970年、東京生まれ。80年代より音楽活動をはじめ、暴力温泉芸者(現:Hair Stylistics)名義でノイズミュージシャンとして国内外でライブを開催。映画評論も行い、1998年には小説家としてデビュー。代表作には「あらゆる場所に花束が……」で三島由紀夫賞(2001年)、「名もなき孤児たちの墓」で野間文芸新人賞(2006年)、「中原昌也 作業日誌」でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞(2008年)。近年では、コラージュやペインティング作品などを発表し、各地で個展も行う。音楽家・作家・映画評論家・画家として多彩な才能を発揮し、国内はもとより海外でも熱狂的なファンが多いことで知られる。’17年 WAITINGROOM(恵比寿)、’18年 Sprout Curation(新宿)にて個展を開催。
Twitter:twitter.com/sexybboy_re

 


※ WISH LESSでは会場の都合により祝花・菓子などはご遠慮いただいております。祝花や差し入れに代えて、作品のご購入をお勧めしています。ご購入を通じてアーティストへの励ましやご支援くださいますようご理解お願いいたします。

※ 12歳以下のお子さまをお連れの方は展示物への配慮をお願いします。


 

 

WISH LESS gallery is excited to announce Keiji Ito and Masaya Nakahara in their first two-man exhibition ‘ROMANCE ~LOVE COMPOST DUB~’.

Keiji Ito works as an art director and illustrator in the advertising, magazine and music industry where he has produced covers for artists such as Tei Towa, SDP, Orange Pekoe etc. Masaya Nakahara is know globally as a living legend of the Japanese noise music scene as Violent Onsen Geisha (a.k.a Hair Stylistics) .

In this exhibition we will be showing a new series of collaborative collaged and painted pieces with the theme of ‘compost’, recycling fragments of vintage magazines and banal portraits from pop star photo books.

Also we have collaborated with Keiji and Masaya to produce twenty 7 inch clear vinyl records with two new musical compositions, produced by Masaya for this exhibition.

 

 

伊藤桂司+中原昌也 二人展「ROMANCE ~LOVE COMPOST DUB~」
会 期:2019年5月18日(土)~6月9日(日) 最終日18時終了
時 間:木金 16:00-21:00/土日 12:00-19:00/月~水 休廊
会 場:WISH LESS gallery
住 所 : 〒114-0014 東京都北区田端5-12-10
電 話 : 03-5809-0696
メール:info@wish-less.com

Keiji Ito + Masaya Nakahara exhibition ‘ROMANCE ~LOVE COMPOST DUB~’
Period : Saturday 18th May – Sunday 9th June 2019
※ We will close at 6pm on the last day.
Opening hours : Thu+Fri 16:00-21:00/Sat+Sun 12:00-19:00
Closed : Mon-Wed
Address : WISH LESS gallery 5-12-10 Tabata Kita-ku Tokyo 114-0014
Tel : +81-3-5809-0696
Email : info@wish-less.com

 

Special thanks to 1977 RECORDS