Malarko solo exhibition ‘Custard Dream’

カラフルでアシッド!無秩序なキャラたちが馬鹿げた境地に達する、禁断のUKストリートアーティストの日本初個展!

Malarko solo exhibition

‘Custard Dream’

2019年3月23日(土)~4月14日(日)

木金 16:00~21:00/土日 12:00~19:00
月~水 休み (最終日18時終了)
▶︎ オープニングレセプション:2019年3月23日(土)  18:00~20:00 
※作家が来日し、在廊いたします

 

WISH LESS galleryでは、イギリス出身のストリートアーティスト、マラーコの日本初個展を開催いたします。
無秩序で一度見たら忘れられないマラーコの愉快なキャラクターたち。彼らはアシッドな色彩で描かれ、世界各地のストリートを華やかに彩ります。マラーコの作品は、その強烈なエネルギーやヴィジュアルの威力を損なう事なく、イラストやデザイン、陶芸作品などに落とし込み、進化を続けています。
まるで幻覚症状のような、キャラクターたちが馬鹿げた境地に達する光景を、ぜひこの機会に目撃してください。

 

STATEMENT
カスタードの湖があるとしたら、沈むことなくその上を走りぬけられるだろう。カスタードに含まれる何かが、足の裏に触れると突如として固まり、陸となる。湖の途中まで来たところで立ち止まり、ふと考えるだろう。「僕はここで何やってるんだろう?」と。きっと僕には渡れる自信があるから、このカスタードの湖を走るのだろう?と自問自答する。だけど、そんな事考えてる間に沈んでしまうもんだ。

 

PROFILE
マーク・マラーコ
イギリス出身のアーティストで、現在バルセロナを拠点に活動している。90年代より、ロンドンでスケーターとしてオルタナティブカルチャーに影響を受け、制作を始める。2000年初頭より、数々の公式・非公式のミューラルを手がけたことで名を知られる。2013年にイギリス・ストークオントレント(英国陶器産業の中心地)へ移り住んだことから、レンガや器にこだわるようになる。
マラーコのユルくエネルギッシュな陶芸スタイルは、伝統的な釉掛けや鋳込み型の技術を融合し、従来の大衆的なカルチャーにとらわれない。彼の生み出すセラミック作品は、抽象的でもあり、親しみやすく、奇妙なヴィジュアルランゲージである。
アーティストウェブサイト:www.malarko.com

 


※ WISH LESSでは会場の都合により祝花・菓子などはご遠慮いただいております。祝花や差し入れに代えて、作品のご購入をお勧めしています。ご購入を通じてアーティストへの励ましやご支援くださいますようご理解お願いいたします。  

※ 12歳以下のお子さまをお連れの方は展示物への配慮をお願いします。


 

 

WISH LESS gallery is thrilled to announce British-born, Barcelona-based artist Malarko’s first solo exhibition in Japan ‘Custard Dream’    
Malarko’s unique and unmistakable dysfunctional family of characters inhabit his bold acid coloured street paintings around the world, they move effortlessly into his illustration, design, print work and products without losing any of their visual punch and vibrant energy. They reach an often absurd and mind-bending peak in his stunning ceramics and installations.

 

STATEMENT
You can run across a lake of custard without sinking, that is if you can find a custard lake. Something about the custard makes it tense up under the impact of your feet. As you reach the halfway point of the custard lake you may stop and think, did I really want to make this journey, or am I only crossing the custard lake because I can. At this point you will sink into the custard.

 

PROFILE
Mark Malarko is a British artist currently working in Barcelona. Introduced to the world of alternative culture through his years spent as a skateboarder in London during the 90s, Malarko gained notoriety in the noughties for his prolific output of public mural works both sanctioned and unsanctioned. Malarko’s obsession with bricks and pots began when he moved to the birthplace of British ceramics, Stoke-On-Trent during 2013. He has since developed a loose and energetic style that merges traditional glazing and casting techniques with unconventional references to popular culture. His ceramics slip between the abstract and the familiar, creating a unique and peculiar contemporary visual language.
Artist website:www.malarko.com

 

Mural by Malarko

 


マラーコ  個展 ‘Custard Dream’
会 期:2019年3月23日(土)~4月14日(日) 最終日18時終了
時 間:木金 16:00-21:00/土日 12:00-19:00/月~水 休廊
会 場:WISH LESS gallery
住 所 : 〒114-0014 東京都北区田端5-12-10
電 話 : 03-5809-0696
メール:info@wish-less.com

Malarko solo exhibition ‘Custard Dream’
Period : Saturday 23rd March – Sunday 14th April 2019
※ We will close at 6pm on the last day.
Opening hours : Thu+Fri 16:00-21:00/Sat+Sun 12:00-19:00
Closed : Mon-Wed
Address : WISH LESS gallery 5-12-10 Tabata Kita-ku Tokyo 114-0014
Tel : +81-3-5809-0696
Email : info@wish-less.com