Martijn Kluit solo exhibition “That’s… That’s…!”

 

Martijn Kluit

マタイン・クラウト 個展「That’s… That’s…!」

2016年6月4日(土) 〜 26日(日)

木金 16:00〜21:00/土日 12:00〜19:00/月〜水 休み(最終日18時終了)

会場:WISH LESS gallery  (東京都北区田端5-12-10)
▶︎オープニングレセプション:6月4日(土) 18:30〜20:30

 

WISH LESS galleryでは、東京を拠点に活動を続けるオランダ出身のアーティスト、マタイン・クラウトの個展を開催いたします。マタインにとって2年振りとなる本展では、最新のペインティング作品および数量限定のzineもご紹介いたします。事実をスクリーン画面からとらえる現代人を描写した作品群は、スマホに没頭する人達への警告を表しています。これらの絵を見てドキッとした方は、立ち止まって自身を振り返ってみてください。そこにはあなた自身が描かれているかもしれませんよ。

 

作家の言葉
不吉な事が起きようとしている。うさんくさいタッチスクリーンの中の現実なのか?それとも生身の人間に対する嫌がらせなのか、確信が持てない。無邪気な好奇心と恐怖心をもってよく見極める必要がある。
リアリティから目を背けるかのように、私たちは画面の中でポーズをとったり自慢したりしているが、注意しないと危うく溺れそうになってしまう。
未来は不確かだが、そこにはきっと恐ろしいサメがいるはずだ。

 

PROFILE
Martijn Kluit/マタイン・クラウト
1983年生まれ。オランダ出身のペインター。オランダ王立美術大学、イスタンブールのミマル・シナン大学にて美術を学び、2010年より活動の場を日本へ移す。ユーモラスな観点から描かれる幻想的な風景や人物をテーマにした、現実と空想に引き込まれるような異世界を表現する。近年では、自身の制作だけにこだわらず、様々なアートイベントのオーガナイズやカフェギャラリーの運営などに携わる。また、独自の視点がとらえた”東京”の姿を表すフォトグラフィも好評。
アーティストウェブサイト:www.tokyoslick.com

 

WISH LESS gallery is thrilled to present Martijn Kluit’s solo exhibition “That’s… That’s…!”. Martijn is originally from Holland and is currently based in Tokyo. It’s been two years since Martijn’s last solo show at WISH LESS and it’s wonderful to have him back with new work. His latest pieces describe the way modern people view reality through computer screens and warns about losing themselves into smartphones. If you feel disturbed looking at his art pieces, please step back and look again.You might find yourself reflected in them.

STATEMENT
Something ominous this way comes. Unsure if it is wicked touchscreen-reality or made of flesh and out for blood, we simultaneously behold with childlike wonder and childish fear. From real-time purgatory we pose and post without moving, heads in the sand with the tide rising. The future is uncertainty but most certainly features sharks.

PROFILE
Martijn Kluit studied art in The Netherlands (Royal Academy of Art) and Istanbul (Mimar Universitesi). Kluit has been living and working as an artist in Japan since 2010. The production of his works are a method of associative research into alternate histories, both ancient and recent, in which the posit that there is no absolute truth is taken to heart and used to imagine possible continuations of unfinished tales. Visually, Kluit is searching for a balance between accessibility and layeredness; colourful and often humorous images half obscure more dubious notions of nationalism, globalism, materialism, religiosity and fanaticism of various kinds.
Artist website:www.tokyoslick.com

 


マタイン・クラウト 個展「That’s… That’s…!」
会 期:2016年6月4日(土)~26日(日) 最終日18時終了
時 間:木金 16:00-21:00/土日 12:00-19:00/月〜水 休廊
会 場:WISH LESS gallery
住 所 : 〒114-0014 東京都北区田端5-12-10
電 話 : 03-5809-0696
メール:info@wish-less.com

Martijn Kluit solo exhibition “That’s… That’s…!”
Period : Saturday June 4th – Sunday June 26th 2016
※ We will close at 6pm on the last day.
Opening hours : Thu+Fri 16:00-21:00/Sat+Sun 12:00-19:00
Closed : Mon-Wed
Address : WISH LESS gallery 5-12-10 Tabata Kita-ku Tokyo 114-0014
Tel : +81-3-5809-0696
Email : info@wish-less.com


 

1 Comment

Comments are closed.