Martijn Kluit solo exhibition 「FLUX / FIRE」

FLUXFIRE_FLYER

 

Martijn Kluit solo exhibition「FLUX / FIRE」

2014/05/03 sat 〜 05/14 wed

12:00 – 19:00  ※ 最終日18時終了
7日(水)・8日(木) は休廊

 
WISH LESS galley では、オランダ出身のペインター、マタイン・クラウトの個展「FLUX/FIRE」を開催いたします。クラウトにとって2年ぶりとなる本展では、ペンティングの新作を展示いたします。また、本展に合わせて制作されたオリジナルブックの販売も行います。 
 
マタイン・クラウトは、オランダ王立美術大学およびイスタンブールのミマル・シナン大学にて美術を学び、2010年からは日本を拠点に作家活動をしています。彼は作品を制作する上で、最近と古代のお互いの歴史からイマジネーションを起し、研究を続け、絶対的な真理は存在しないという自らの発見をもとに、継続可能な終わりのない物語を想像しています。視覚的要素として、クラウトはアクセシビリティ(分かりやすさ)とレイヤードネス(複雑な構成)のバランスを模索し、華やかなポップ感とユーモラスなイメージの裏側には、多様なナショナリズム、グローバリズム、物質主義、熱狂的・狂的信仰などが見え隠れする不明瞭で疑わしい概念を表現しています。
 
本展では、マタイン・クラウトによる最新のペインティング作品を展示・販売いたします。展示タイトル「FLUX/FIRE」とは、17世紀の日本に生活していたイギリス人航海士の手紙から由来しています。手紙には不貞に関する告白が綴られ、受け取った相手は「この手紙をFLUX(海)あるいはFIRE(火)で廃棄処分してほしい」と残しました。結局、手紙は海にも火にも廃棄処分されずに生き残り、現在では、当時の歴史を知る貴重な書物として保存され、多くの人に影響を与えています。 
 
「過去と未来のちょっとした出来事の主観的な解釈を意図している。観る人を作品の背景にある様々な起源と関係性について考えさせたいと思う。(マタイン・クラウト) 」
 
あらゆる出来事から遭遇する意外な組み合わせ。マタイン・クラウトが描く混沌とした”異世界”をこの機会にぜひご高覧ください。
 
 

Martijn Kluit solo exhibition「FLUX / FIRE」

Saturday May 3rd – Wednesday May 14th  2014

We will close at 6pm on the last day.
12:00 – 19:00    Closed on 7th and 8th of May.
 
Martijn Kluit studied art in The Netherlands (Royal Academy of Art) and Istanbul (Mimar Universitesi). Kluit has been living and working as an artist in Japan since 2010. The production of his works are a method of associative research into alternate histories, both ancient and recent, in which the posit that there is no absolute truth is taken to heart and used to imagine possible continuations of unfinished tales. Visually, Kluit is searching for a balance between accessibility and layeredness; colourful and often humorous images half obscure more dubious notions of nationalism, globalism, materialism, religiosity and fanaticism of various kinds.
 
In “FLUX/FIRE” at WISH LESS gallery Kluit is showing recent paintings and drawings. The title stems from a letter from one British sailor to another, both stationed in Japan in the 17th century. In the letter adultery is confessed and the receiving party is asked to “condemn this letter to flux (sea) or the fire”. The letter was condemned to neither and survived to color our collective understanding of the past. The works in “FLUX/FIRE” are intended as a subjective coloration of minor incidents in past and future in which viewers are invited to wonder about their different origins and relations.
 
 

OPENING RECEPTION 

2014/05/03 sat   19:00 – 21:00
アーティストを囲んでオープニングレセプションを行います。どうぞお気軽にお立寄りください。
There will be a reception party for the artist.
 

PROFILE

Martijn Kluit/マタイン・クラウト
1983年生まれ。オランダ出身のペインター。オランダ王立美術大学、イスタンブールのミマル・シナン大学にて美術を学び、2010年より活動の場を日本へ移す。ユーモラスな観点から描かれる幻想的な風景や人物をテーマにした、現実と空想に引き込まれるような異世界を表現する。近年では、自身の制作だけにこだわらず、様々なアートイベントのオーガナイズやカフェギャラリーの運営などに携わる。また、独自の視点がとらえた”東京”の姿を表すフォトグラフィも好評。
アーティストウェブサイト:www.tokyoslick.com
 

主な個展

2010   Martijn Kluit solo show at Art In Tokyo, Kichijouji
2011   Martijn Kluit solo show at Ichoume Gallery, Ginza
2012   Martijn Kluit solo show at NAM Gallery, Sasazuka
 

主なグループ展

2008   Group show at gallery Roodkapje, Rotterdam
2010   Group show at Royal Academy of Art, The Hague
2011   Group show at NAM Gallery, Sasazuka
2012   Group show at NAM Gallery, Sasazuka
2013   Group show at Hino Art Center
 
 
 
[ 概要 ]
マタイン・クラウト個展「FLUX/FIRE」
会 期:2014年5月3日(水) 〜 5月14日(水)  最終日18時終了
時 間:12:00 – 19:00  ※ 7日(水)・8日(木) は休廊
会 場:WISH LESS
電 話 : 03-5809-0696
メール:info@wish-less.com
 
Martijn Kluit solo exhibition「FLUX/FIRE」
Period : Saturday May 3rd – Wednesday May 14th  2014
※ We will close at 6pm on the last day.
Opening hours : 12:00 – 19:00  Closed on 7th and 8th of May.
Tel: +81-3-5809-0696
Email : info@wish-less.com