Maya Nukumizu solo exhibition ‘Protagonist’

漫画的な大きな瞳を持つキャラクターが特徴的な作風で知られる抜水麻耶の個展を開催!

 

抜水摩耶 個展「主人公」

2022年7月9日(土)~24日(日)

木曜~日曜 12:00~18:00
月曜~水曜 休み
会場:WISH LESS gallery (東京都北区田端5-12-10

 

WISH LESS galleryでは、アーティストの抜水摩耶による個展「主人公」を開催いたします。漫画的な大きな瞳を持つキャラクターが特徴的な作風で知られる抜水が、この世に無数に存在する「主人公」である人々に着目し、ポップさとダークさが入り混じるカオティックな世界観を重層的に描きます。

 


アーティスト・ステイトメント
10年前、私は京都の山奥から東京へと移り住んだ。
生まれ育った環境とは180度違った人の多さに日々驚愕し続けたが、
時間の経過と共に段々と慣れ、ひしめき合う人たちを傍観しながらも
絵を描き、また人生を歩んできた。

尋常ではない数の人間にも、それぞれの親がいてそれぞれの人生があり、
主観や正義を持ち、また喜びや葛藤を抱えながら生きているのだという事実は
当たり前のようだが、とても不思議でならなかった。
人は脆く傷つきやすい。
どのような人生を歩んでいるのかは、その人にしかわからない。
無数に存在する主人公。
当然のように全ての人が、主人公としてぞれぞれの物語の中を尊く生きている。
物語の途中で、新たな出会いや悲しい別れを繰り返してゆく。
私は、そんな他人が目にすることのできない、
刹那的な人生の一場面や感情を一枚の絵に封じ込めたいと思った。


プロフィール
抜水摩耶
1982年京都府生まれ。東京都在住。
京都芸術大学大学院 芸術表現専攻 修了(元・京都造形芸術大学大学院)
幼少期より強い影響を受けてきた漫画カルチャーは自身の美学を形成し、その表現を用いて執拗に溢れ出るイメージを作品に取り込んで制作する。
国内外で作品発表を重ねる傍ら、アニメーションフェスティバルの参加や、アイドルグループのアートワークを手掛けるなど幅広く活動中。
アーティストウェブサイト:www.mayanukumizu.com

 


※ 新型コロナウィルス感染防止対策として、マスクを着用してご来店ください。
※ ギャラリー内での飲食は固くお断りいたします。
※ ギャラリー内の混雑状況によっては、人数制限する場合もございます。
※ 会場の都合により祝花・酒類・菓子などはご遠慮いただいております。差し入れに代えて、作品のご購入をお勧めしています。ご購入を通じてアーティストへの励ましやご支援くださいますようご理解お願いいたします。  
※ 12歳以下のお子さまをお連れの方は展示物への配慮をお願いします。


 

 

WISH LESS gallery is excited to announce the solo exhibition “Protagonist” by Japanese artist Maya Nukimizu, who is known for her works that use manga-like elements and reoccurring aesthetics, such as big eyed characters.
She expresses the chaotic world structurally, that contains a mixture of pop and darkness focused on innumerable protagonists in the world.

 


ARTIST STATEMENT
Ten years ago, I moved from the deep countryside of Kyoto to Tokyo.
I have been amazed every day by the busy lifestyle  which is totally different from the environment where I was raised.
As time goes by, I’ve gradually got used to the hectic life and the crowds of people. 
I have kept making art and living my life.

All human beings on this planet follow their own paths and live their own lives.
The fact that we all live with subjectivity, justice, joy and conflict seems obvious, but it was something I hadn’t really thought about before.
People are fragile and vulnerable.
Only each individual knows what kind of life they are truly living.
In this world exists an innumerable number of heroines, as a matter of course they live out their life as the central character in their own story.
In the middle of the story, new encounters and sad farewells are repeated.
I wanted to capture the emotions and fleeting  moments from these lives on a single canvas.


PROFILE
Maya Nukumizu
Born in Kyoto in 1982. Lives in Tokyo.
Graduated from Kyoto University of the Arts.
Starting from Manga culture, which has been a strong influence since childhood, she formed her own aesthetics and uses that expression to create images that overflow between dreams and reality into her works.
Humorous paintings of multi-layered memory fragments that move between the past and present, such as the dangers that prevail in the world, the ghosts that protect you from scary things and the eyes that represent what people see, have a strong impact on the viewer.
Exhibiting in Japan and abroad, she is active in a wide range of work such as participating in animation festivals and working on commercial artwork for idol groups.
Artist website:www.mayanukumizu.com

 

 


抜水摩耶 個展「主人公」
会 期:2022年7月9日(土)~24日(日)
時 間:木曜~日曜 12:00~18:00
休 廊:月曜~水曜
会 場:WISH LESS gallery
住 所 : 〒114-0014 東京都北区田端5-12-10
電 話 : 03-5809-0696
メール:info@wish-less.com

Maya Nukumizu solo exhibition ‘Protagonist’
Period : Saturday 9th – Saturday 24th July 2022
Opening hours : Thu – Sun 12:00-18:00
Closed : Mon-Wed
Address : WISH LESS gallery 5-12-10 Tabata Kita-ku Tokyo 114-0014
Tel : +81-3-5809-0696
Email : info@wish-less.com