Harley Cortez solo exhibition ‘voices voices’

繊細で優雅な作品を生み出すアメリカ人アーティストによる新作展を二年振りに開催!

ハーレー・コーテッズ 個展「ボイス・ボイス」

2018年5月5日(土)~6月3日(日)

木金 16:00~21:00/土日 12:00~19:00
月~水 休み (最終日18時終了)
▶︎ オープニングレセプション:5月5日(土) 18:00~20:00 ※作家が来日いたします。

 

 

WISH LESS galleryでは、アメリカ出身のアーティスト兼ミュージシャンである ハーレー・コーテッズ の2年振りとなる個展を開催いたします。 大胆なタッチと写真のコラージュを用い、繊細で優雅な作品を生み出す彼の新作群をぜひ高覧ください。

 

STATEMENT
私の作品はビジュアルランゲージであり、些細な表現を要約する試みである。それは人々が詩を読むのと同じだ。事実、私の作品には、度々詩が登場し、特定の様式や目的を記憶する要素となっている。

二面性、社会的弱者または魂の異形者への物語への啓発というテーマに没頭している。それは、原始的な精神が遺伝的な記憶とどのように影響し合い、現代社会の急激な変化へ応じるのか?という疑問であり、これこそが、私が作品を制作する上で自己に問う、「全ての内面にある太古の魂をどのように導くのか?」ということに結びつくのである。

詩や象徴性などの私の関心事は、まるで考古学調査のようだ。それは表現的に、古代のくさび文字や象形文字、洞穴の壁画などに近い。つまり母親のルーツであるグァテマラの発掘で発見されたマヤ文明が関係していると思う。また、様々な表現手段である自発的なペインティングのテクニック以外に、文字をひとつの重要な様式として頻繁に使い、これがモチーフ、技術、ツールの集合体である。

 

PROFILE
ハーレー・コーテッズ
ニューヨークとロサンゼルスに拠点を置き活動を続けるビジュアルアーティスト・音楽家・映像作家。グァテマラにて幼少期を過ごす。文学や映画、音楽学などから影響を受け、作品のスタイルはファインアートとストリートアートを往来する。
ハーレーの作風は、しばしば作為的に見られるが、実際は異なり、独創的なペインティングで構成されている。音楽家と映像作家、そして詩人としても様々な媒体を駆使しながら、この世に生きる事全てにおいての意味を見いだそうと励む。ペインティング、ドローイング、映画制作、デザインなど、様々な分野で活躍し、抽象作品はこれまでにレコードカバーに起用された。

世界中を旅して周る事が、自身の制作へ大きく影響を与えると本人は語る。 最近では、タンジェという曲名のLPを制作中であり、”Another Inventory of Memory” というタイトルのインストゥルメンタルアルバムをリリース予定。さらには、実験映画の脚本、ショートフィルムなどのサウンドトラック制作にも携わっている。
本展の後、サンディエゴやロサンゼルスなどでも個展を開催する予定。
アーティストウェブサイト:www.harleycortez.com

 

 


※ WISH LESSでは会場の都合により祝花・菓子などはご遠慮いただいております。祝花や差し入れに代えて、作品のご購入をお勧めしています。ご購入を通じてアーティストへの励ましやご支援くださいますようご理解お願いいたします。

※ 12歳以下のお子さまをお連れの方は展示物への配慮をお願いします。


 

 

 

 

WISH LESS gallery is delighted to announce the 2nd solo exhibition by American artist Harley Cortez ‘voices voices’.
In this exhibition, he will be showing an elegant and sensitive body of new work consisting of a mix of dynamic painting, drawing and collage.

 

STATEMENT
My work is a visual language, an attempt to incapsulate a feeling while saying very little – in the same way we’d read a poem. In fact there are often poems written within my paintings, which is a method I use for documenting that particular phase or period.

I am working towards a continuing expansion of themes that I find myself obsessed with:  duality, illuminating the arc of the marginalized or voiceless and also soul variants — how our indigenous spirit interacts with genetic memory to respond to the exponential rate of change in the modern world. The question I often ask while painting is ‘How do we navigate our inner ancient in all of this?’

My preoccupation with poetry and symbolisms is carried out much like archeological findings. The work is an expression not unlike cave drawings, cuneiform or hieroglyphs – like the Mayan one’s found in the excavations of my mother’s native Guatemala.

Besides my technique of automatic painting in various mediums, I often use writing as one of my biggest modalities – it is all together a motif, a technique, and a tool.

 

PROFILE
Harley Cortez is a multimedia visual artist, musician, and filmmaker. His work has been shown in Los Angeles, NYC, and Tokyo. Raised in Los Angeles, CA and Queens, NY.
He lived in Guatemala for brief stints in his youth.

Influenced by literature, cinema, and musicology, his work is often a juxtaposition of those. His expressive works often look like manipulated scenes, raising questions that challenge our perceptions of what the painting actually is. As well as being a musician, poet, and filmmaker, he uses all mediums as an art platform to express an ever-changing existential notion on what it means to be alive.
Using various modalities his paintings, drawings, abstract pieces have been used on record covers, film, design, and art direction.

His travels have a continuing influence on his work.
His upcoming projects include a full length LP entitled TANGIER and an avant-classical/instrumental album entitled “Another Inventory of Memory”.
Other works include narrative and experimental short films as well as scores in feature and short films.
His upcoming solo exhibitions are in Tokyo, Japan, San Diego, CA, and Los Angeles, CA slated for 2018
Artist website:www.harleycortez.com

 

 


ハーレー・コーテッズ 個展「ボイス・ボイス」
会 期:2018年5月5日(土)~6月3日(日) 最終日18時終了
時 間:木金 16:00-21:00/土日 12:00-19:00/月~水 休廊
会 場:WISH LESS gallery
住 所 : 〒114-0014 東京都北区田端5-12-10
電 話 : 03-5809-0696
メール:info@wish-less.com

Harley Cortez solo exhibition ‘voices voices’
Period : Saturday 5th May – Sunday 3rd June 2018
※ We will close at 6pm on the last day.
Opening hours : Thu+Fri 16:00-21:00/Sat+Sun 12:00-19:00
Closed : Mon-Wed
Address : WISH LESS gallery 5-12-10 Tabata Kita-ku Tokyo 114-0014
Tel : +81-3-5809-0696
Email : info@wish-less.com