Wataru Komachi solo exhibition ‘FREE HUGS’

常に型破りな発想で、アート、ファッション、音楽的要素を自在に融合させるアーティスト 小町渉 の個展を開催!

小町 渉 個展 「フリーハグ」

2018年3月24日(土)~4月22日(日)

木金 16:00~21:00/土日 12:00~19:00
月~水 休み (最終日18時終了)
EVENT ▶ 公開zine制作:4月8日(日)  15:00〜18:00 ▶ 小町マーケット開催:4月21日(土) 15:00〜18:00

 

WISH LESS galleryでは、アートやファッション、音楽的要素を奇抜に融合させるアーティスト、小町渉の個展を開催いたします。コラージュ、ペインティング、写真などを駆使し、常に型破りな作品を発表する小町は、熱狂的なファンが多い事でも知られています。それは、小町が奔放に筆を走らせたカオスな画面の細部にきらめく、ピュアな本心が私たちを魅了するからではないでしょうか。また彼は、ソーシャルメディアの流行語をわざと作品の中に取り入れ、過度な情報に翻弄される世界にメッセージを投げかるなど、その独創性に心奪われるばかりです。

本展では、新作ドローイング作品とインスタレーション展示を中心にご紹介いたします。
さらに特別企画として、イラストレーター ロブ・キドニーとのコラボレーションzineを発表。期間中には、公開zine制作も行います。

 

STATEMENT
永遠に続く報われない旅の主人公と全てのニートの まぼろしの歌 の為に。
ドンキホーテとマークボランに。

 

EVENT
▶ 公開zine制作:4月8日(日) 15:00〜18:00 DJ: Onigiri
▶ 小町マーケット開催:4月21日(土) 15:00〜18:00 DJ:伊藤桂司

 

PROFILE
小町 渉
東京都出身。 映画監督デニス・ホッパーが作品を所蔵した事を機にアーティスト活動を開始。 アパレルブランド「クリストフルメール」とのコラボレーション展をセレクトショップ「コレット」にて展示、ミュージシャンBECKのヨーロッパツアーTシャツデザイン等の活動により、欧米で注目される。 近年ではアパレルブランド「ヒステリックグラマー」「キャサリンハムネット」とのコラボレーションが評判。 ジャンルの枠にとらわれない独自の活動スタイルは国内外にて高く評価されている。
アーティストウェブサイト: www.watarukomachi.com

 

ここで少し、小町渉とロブ・キドニーの不思議な出逢いを紹介させてください。
いまから遡る事、約20年前のある日。ロブ・キドニーは美大に通いながら、地元イギリスのブライトンという街にある、当時有名だったカルチャーショップ「プッシー」で働いていました。
当時から既に東京に憧れを抱いてたロブは、前日、ブライトンで行われた小西康陽とファンタスティックプラスティックマシーンの田中知之によるライブ公演を観に行き、頭の中はもう東京に行きたい一心に満ちていました。(ちなみにこのライブ、観客はたったの5人しかおらず、ロブ達は小西さんと田中さんとVIPルームで騒いだそうな)
その日、プッシーへ着くと、プッシーのオーナーより、ある一冊の本を渡されます。それはラフに綴じられた手作りのzineで、同封された名刺には「Wataru Komachi」と書かれていました。ロブは、このzineはきっと、昨日の小西さん達の仲間がくれたはずだと思いました。しかしオーナー曰く、感じのいい日本人男性がプッシーを気に入り、zineを置いていったので、日本好きなロブにあげるとの事でした。zineの内容はかなりファンキーで刺激的。これまで見た事の無いこのzineに、ロブもすぐに虜になりました。

時を経て2003年、ロブは初めて日本の地に降りたちます。既に某有名ミュージシャンのイラストで知名度の高かったロブは、早速ファッションブランド「オゾンロックス」より依頼を受け、事務所を訪ねます。事務所に足を踏み入れると、そこには見た事のある作風の絵が飾られていました。絵の作者を尋ねると、なんとその名は Wataru Komachi だと判明! 小町は当時オゾンロックスのメインイラストレーターでした。すぐさまオゾンロックスの社長に頼んで、小町と会うセッティングをお願いしました。

そして半年後、ついにロブは念願の小町渉とご対面します!会うなり2人は意気投合。早速ロブは、あのzineの事を小町に伝えます。小町もまさかあの日置いていったzineが、いま初めて会うロブの手元にあるなんて信じられない!と驚きました。小町は当時ロンドンに旅行中で、偶然に耳にしたブライトンのプッシーというお店へ行ってみようと思い立ち、たまたまzineを渡したと言います。

時を超え、見ず知らずの2人が一冊のzineで出逢うなんて、まるで映画みたいなストーリー。
こうしていま、小町渉の個展を開催できる事に誇りを持っています。
人の心を動かすロマンティックな小町ワールドに、ぜひ皆様もご堪能いただければ幸いです。

 


※ WISH LESSでは会場の都合により祝花・菓子などはご遠慮いただいております。祝花や差し入れに代えて、作品のご購入をお勧めしています。ご購入を通じてアーティストへの励ましやご支援くださいますようご理解お願いいたします。

※ 12歳以下のお子さまをお連れの方は展示物への配慮をお願いします。


 

 

 

 

WISH LESS gallery is honoured to announce Wataru Komachi’s solo exhibition ‘FREE HUGS’.
Komachi has been creating unruly work consisting of a mix of collage, painting and photographs as a free spirit in the world of art, fashion and music.
Within the chaotic imagery of his rough brushwork shines the purity of his mind, which attracts his enthusiastic followers who are fascinated with Komachi’s originality. His recent work often includes a glorious slew of banal phrases lifted from social media.

In this exhibition, he will be showing new drawings and installation work.
Alongside a selection of zines in collaboration with British artist Rob Kidney. Also we will have a ‘LIVE zine making’ event by Komachi and Rob Kidney during the show. Don’t miss it!

 

STATEMENT
For all the unrewarded heroes on a journey and the visionary song of the NEETs.
To Don Quixote and Marc Bolan.

 

EVENT
▶ LIVE zine making:Sunday 8th April  3-6PM  DJ: Onigiri
▶ Komachi’s market:Saturday 21st April 3-6PM  DJ: Keiji Ito

 

PROFILE
Wataru Komachi started to work seriously as an artist after the late Hollywood actor, film director and art collector Dennis Hopper bought some of his collages which encouraged him to create in earnest.He has exhibited at Collette in Paris in collaboration with Christophe Lemaire and designed T-shirts for the musician Beck’s European tour.He has collaborated with Alfred Dunhill, Coach, Hysteric Glamour etc. His work has become known for its wide range of expression, topical content and wit.This award winning artist has earned an impressive global reputation.
Artist website: www.watarukomachi.com

 

Let me tell you about my personal encounter with Wataru Komachi.
20 years ago, I, Rob Kidney was attending art university in my hometown of Brighton in England and working part-time at the local well-known pop culture boutique called ‘PUSSY’
I was already deeply into Japanese pop culture then. One weekday night I was lucky enough to attend a Japanese DJ event in Brighton by Yasuharu Konishi  (PIZZICATO FIVE) and Tomoyuki Tanaka (Fantastic Plastic Machine) and enjoy drinking with them in The VIP area, it was an unforgettable night.
The next morning when I arrived at PUSSY for work, the owner handed me a zine. It was roughly bound by hand and very unique. There was a business card stapled to the back page bearing the name Wataru Komachi. I presumed that it was a gift from someone I had met at the club the previous night, the owner said ‘A nice Japanese man liked our shop and left this zine’. I immediately fell in love with this inspirational publication made by a mysterious Japanese man named ‘Wataru Komachi’.

In 2003 I finally relocated to Tokyo, soon after arriving I received an illustration commission from Japanese fashion brand OZONE ROCKS. During my first meeting at their offices in Harajuku my eyes were drawn to large painting on the wall that seemed strangely familiar. The owner of the company told me it was painted by an artist called Wataru Komachi!
Desperately seeking Komachi!
I knew I had to meet the artist whose zine I had treasured for years, so I asked if they could arrange a meeting.

About 6 months later, the meeting finally happened, we hit it off immediately and found we had a lot in common. I thanked him for the zine he had left in Brighton years before. Komachi was amazed that I was the person who had ultimately received the zine he’d left at Pussy years before, he told me that he’d  been on a one-day trip to Brighton during a vacation based in London, some friends in London had recommended he check out PUSSY and he liked it there.

It’s like a stroryline from a movie how we eventually met through a single zine.
Now I am so honoured to have Komachi’s solo show at my own gallery in Tokyo.
Come and have your heart moved by Komachi’s romantic world!

 

 


小町 渉 個展 「フリーハグ」
会 期:2018年3月24日(土)~4月22日(日) 最終日18時終了
時 間:木金 16:00-21:00/土日 12:00-19:00/月~水 休廊
会 場:WISH LESS gallery
住 所 : 〒114-0014 東京都北区田端5-12-10
電 話 : 03-5809-0696
メール:info@wish-less.com

Wataru Komachi solo exhibition ‘FREE HUGS’
Period : Saturday 24th March – Sunday 22nd April 2018
※ We will close at 6pm on the last day.
Opening hours : Thu+Fri 16:00-21:00/Sat+Sun 12:00-19:00
Closed : Mon-Wed
Address : WISH LESS gallery 5-12-10 Tabata Kita-ku Tokyo 114-0014
Tel : +81-3-5809-0696
Email : info@wish-less.com


 

1 Comment

  1. Pingback: +81 vol.79 掲載

Comments are closed.