Kaai Tsuji solo exhibition「どろどろの触手/Pulpy Tentacles」

catch_web

辻 可愛 個展「どろどろの触手」

Kaai Tsuji solo exhibition  “Pulpy Tentacles”

2014年6月7日(土) 〜 29日(日)

木金 17:00 – 21:30/土日 12:00 – 19:00/月火水 アポイントメント制
オープニングレセプション:2014年6月7日(土) 19:00 – 21:00  
※初日は18時より開廊します/最終日18時終了


 

WISH LESS galley では、辻可愛の個展「どろどろの触手」を開催いたします。記憶の曖昧なイメージを探るような情景をミステリアスに描いたペインティング作品の数々をご紹介いたします。
辻の作品は、一見ふわりと柔らかい印象を与える反面、どこか奇妙なダークネスを感じさせます。はっきりとしない”にじみ”や”染み込み”といった手法を使い、部分を不明瞭に仕上げ、さらに絵具の横に突如現れる空白部分が緊張感を与えます。絵を見渡すと画面上でなにかが動いたような錯覚をおぼえ、細部を改めて見直したくなるはずです。それは、普段意識していなかった物事がふと気になり出し、これまでと違った見え方を生み出すきっかけに似ています。そして日常の中で記憶される、あるいは忘れ去られる事柄。その基準はどのようなものか?辻は今回その疑問を起点にします。
 
「ある出来事を私はおぼえていて相手はおぼえていなかったり、部分部分違っておぼえていたりすることがある。
 なぜそのように記憶したのか?その枠組みはどう決めているんだろう。
 その傾向は、今見ているものに適用されていくという反転も引き起こすように思う。
 この事態はこの枠にぴったりだから、それにおさまるように理解しよう、というふうに。
 なにかが起こったような、もしくは起こりそうな、確定しない断片を思い返すように置いていく。
 そこからどこにつながれるか予測する。いくつかの分岐点を含みたい。
 ひとつの物語に固定できない、どこを囲っても何かがこぼれ出るような、
 そしてそれをまたすくいながら描いていく。(辻 可愛)」
 
タイトルの「どろどろの触手」は、虚実混じったかたちの定まらない記憶の断片をどろどろと形容し、そこから一方向ではないいくつもの断片へと伸びいく様を表しています。それは描かれたものだけではなく作品を通して思い返されることにまで伸びて引き寄せるでしょう。
 
本展では、辻可愛によるペインティングの最新作を展示・販売いたします。大胆な構図と深く淡い独特の色使いが、観る側を辻の世界へと引き込みます。不安定な断片がもたらす新たなモノの見方をお楽しみください。

 

 

We are delighted to be showing the work of Kaai Tsuji in her solo exhibition ‘Pulpy Tentacles’ at WISH LESS gallery in Tokyo.
I fell in love with the work of Kaai the moment I set eyes on it.
Standing in front of her paintings is a mesmerising experience.At first glance they appear to be  exquisitely painted snapshots of everyday life,then gradually smaller motifs start to appear ,’visual breadcrumbs’ that  lead you to a second sometimes unsettling narrative,giving her work a somewhat cinematic quality.The whole experience reminds me of watching a well-worn VHS copy of your favourite film and pausing it at a familiar scene and advancing the tape frame-by-frame until you discover a previously hidden visual element that makes your heart skip a beat.

Come to WISH LESS gallery in Tabata,Tokyo this June 7th-29th and get lost in the mesmeric vision of this young Japanese painter.

 

 
OPENING RECEPTION
2014年6月7日(土) 19:00 – 21:00
アーティストを囲んでオープニングレセプションを行います。どうぞお気軽にお立寄りください。

 

 
PROFILE
辻 可愛/Kaai Tsuji
1982年 長崎生まれ。東京在住。2006年に東京工芸大学芸術学部デザイン学科卒業した後、2009〜2012年まで造形作家/批評家の岡崎乾二郎氏がディレクターを勤める四谷アート・ステゥデュウムに在籍。

 

 
主な個展
2013    『階段下の声/あの床の冷たさ』(waitingroom/東京)
    『双眼鏡で隣に座る』(GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE/東京)
2012    『辻可愛展』(GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE/東京)
2011    『walk barefoot』(GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE/東京)

 

グループ展
2012   『branch cut – 分岐と裁断』( GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE/東京)
     『Night Songs』(waitingroom/東京) 『ASO講』(ASOKO/東京)
     『New City Art Fair(アートフェアー)』(hpgrp GALLERY NEW YORK/NY, USA)
2011 『ULTRA004(アートフェアー)』(スパイラル/東京)
     『in the waitingroom』(waitingroom/東京) 『窓と物語』(waitingroom/東京)
2010   『ULTRA003(アートフェアー)』(スパイラル/東京)
     『between pieces』(GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE/東京)
     『鈴木悠太 辻可愛 中川周 前田瑠絵 展』(GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE/東京) 

 

 

 
[ 概要 ]
辻可愛 個展「どろどろの触手」
会 期:2014年6月7日(土) 〜 29日(日)  最終日18時終了
時 間:木金 17:00 – 21:30/土日 12:00 – 19:00/月火水 アポイントメント制
会 場:WISH LESS gallery
電 話 : 03-5809-0696
メール:info@wish-less.com

 

Kaai Tsuji solo exhibition  “Pulpy Tentacles”
Period : Saturday June 7th – Sunday June 29th  2014
※ We will close at 6pm on the last day.
Opening hours : Thurs + Fri 17:00 – 21:30 / Sat + Sun 12:00 – 19:00 / Mon – Wed by appointment only
Address : WISH LESS gallery    5-12-10 Tabata Kita-ku Tokyo 114-0014
Tel: +81-3-5809-0696
Email : info@wish-less.com